コーヒーと感動を提供するカフェ、スタバの歴史

カフェバイトch~あこがれのスタバで働く~

スタバのバイトはあこがれの的♪カフェバイトの仕事内容や面接対策などを紹介します。

特集

カテゴリー

スタバについて

スタバについて

スタバの創業と歴史

1971年にアメリカ/ワシントン州シアトルにおいてコーヒー豆を焙煎、販売する会社として創業しました。第一号店はシアトル・パイク・プレイス・マーケットに開店しました。カフェとしての運営は「イル・ジョルナーレ」として開店しました。その後、現在のような形の「スターバックス・コーヒー」に形を変え店舗を広げていきました。現在は、60ヶ国、18000店舗以上にのぼります。
順風満帆にみえるスタバですが、1999年にシアトルで開催された世界貿易機関(WTO)閣僚会議の際に、経済のグローバル化に対する、暴徒化した5万人のデモ隊の一部に店舗をマクドナルドなどと共に店舗を破壊されたり、2001年シアトルで起きた大地震の時には、本社も被災し建屋の一部が破損するなど、受難な時代もありました。
スタバでは、常に新しい店舗展開を模索していて、コーヒー豆専門店やテイクアウト専門店、ドライブスルーなどを展開してきました。また、アメリカなどの実験的なレストラン形式の店舗も展開しました。現在の店舗形式の特徴は、ソファなどを置いたり、オープンテラスを設け落ち着ける空間を提供しています。

社名の由来、ロゴの意味

社名はシアトルの南西に位置するレーニア山の採掘場「スターボ」、ハーマン・メルヴィル著「白鯨」に登場するコーヒー好きの航海士「スターバック」の名前から由来しています。ロゴにつきましては、1代目から数えて4代目となりセイレンを緑色の文字で囲むデザインに変貌を遂げています。

スターバックスの日本進出

日本進出には商社など複数の企業が名乗りを上げましたが、結局はサザビー社と合弁契約を結び、1995年10月に設立されました。そして、翌年には銀座松屋通り店をオープンさせ、翌々年には大阪・梅田に出店しました。それ以来、爆発的な勢いで日本にエスプレッソ。カフェの流行を巻き起こしています。

スターバックスのスぺシャリティーコーヒー

スターバックスのミッション宣言にもありますが、「コーヒーの調達や焙煎、新鮮なコーヒーの販売において、常に最高レベルを目指す。」が示すようにお客様にはそのコーヒーにおいて感動を与える品質、居心地の良いスペースを提供することを目指しています。
コーヒーの香りを楽しむためにスタバでは一部を除き、全席禁煙になっています。コーヒー豆の香りを最高の状態に引き出すために採用されたものでした。

日本式雇用システム

スターバックスではアルバイトも含めすべての社員を「パートナー」と名付け社員を平等に扱っています。これは社員を、コーヒー抽出技師としての「バリスタ」と位置付け、お客様に最高品質のコーヒー豆を提供するための考え方に由来しているからなのです。

最新記事

スタバの魅力
スタバの魅力

世界中で大人気のスタバ。お客として利用するファンが多いのもさることながら、バイト先としても人気があります。なぜ、そこまで支持されるのでしょうか。スタバの魅力に迫ってみましょう。

続きを見る
スタバのコーヒーセミナー
スタバのコーヒーセミナー

スタバではコーヒーセミナーを開催しているのをご存知でしょうか。スタバでバイトしたいなら、一度は参加しておいしいコーヒーの淹れ方を学んでみてください。面接のときの話題作りにもなり、働きたいという意欲が伝わるでしょう。

続きを見る
カフェバイト体験談
カフェバイト体験談

カフェバイトに憧れる大学生も少なくないでしょう。コーヒーに関する技術や知識が得られるのも人気の要因ではないでしょうか。実際の体験談からカフェでバイトをしている自分を想像してみましょう。

続きを見る
スタバでの仕事内容と研修
スタバでの仕事内容と研修

バイトであってもバリスタとしてプロ意識を持って働かなければなりません。そのため、研修も手厚く、先輩のサポートもたくさん受けることができます。スタバには充実したサポート体勢があるようです。

続きを見る